FC2ブログ

漂う心

精神科に通院する女の奇妙な生活

*Admin

Archive [2008年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

同情なのか愛情なのか・・・

暫くすると、アパートの鍵を開ける音がした。拓也が来たらしい。全身びしょぬれの上にビール片手・・・うつろな眼をした私に彼は言葉も出なかったようだ。いや、ただただ呆れていたのかもしれない。無言で食卓の上にある、吸殻がいっぱいの灰皿を片付け始めた。そしてベレンダに干しっぱなしの湿った下着とジャージを手にすると私の服をぬがし、まるで介護士のように私の着替えに取り掛かった。沈黙を破るように一言「今度は、いつ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。